スーツ姿の男性

男性機能やペニスの大きさなど、男性には下半身の悩みが尽きないものです。なぜ多くの人が悩んでいるのかと言うと、男性にとってのシンボルでもあるからです。
EDの症状に悩んでいる人にED治療薬があるように、ペニスを増大させる方法があります。マッサージ・サプリメント・器具・手術の4つです。この中では、手術が最も有力です。
他の3つの方法に関しては情報がデタラメであったり、製品自体が偽物であるなどの問題が多いです。中には本物の製品もありますが、偽物が溢れかえっている為に本物を手にする事が出来ない人達が大勢いるのです。
日本人男性のペニスの大きさについて、医療機関で行った調査データがあります。勃起している状態だと陰茎の長さが127mm、陰茎の周囲が115mmです。そして勃起していない状態だと陰茎の長さが82mm、陰茎の周囲が85mmです。
それから、有名メーカーで行った調査もあります。ペニスの長さは平均13.56cm、亀頭部分の直径は3.53cm、茎部分の直径は3.19cmです。どちらのデータも数値が近いという事から、平均値が証明されています。
性交渉を行う場合は2cmあれば可能であり自然妊娠は7cmあれば可能ですが、現実的に検証すると12cm以下は平均より少し小さく、11cm以下だと最も小さいと認識されます。
日本人男性の中では平均を超えて大きめのサイズだとしても、世界と比べると小さいと考えられています。

ペニスを増大させる為には手術が良いのですが、男性の中には病院に行くのが恥ずかしいと感じる男性もいますし、費用に関して悩む男性もいるのが現状です。
また、自分で出来るマッサージは気休め程度だと考えられており、増大に成功したとしても一時的な効果しか得られない可能性が高いです。ポンプ器具も費用がかかる上に、確かな効果が出るとは限りません。
これらの中ではサプリが最も手軽であり、費用も抑えられていると言えます。時間や費用を無駄にしない為にも、まずはサプリを服用してみる事から始めると良いです。
更に、増大サプリには様々なメリットがあります。マッサージや器具を使用する際に伴う痛みなどがなく服用するだけで良いので楽です。また、何と言っても費用が安いのです。
手術や器具は恋人や友人に知られると少し気まずい思いをするかもしれませんが、ただのサブリなら何の効果があるのかまでは知られないでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930